マジシャンKISSER マジックショー 告知

 

静岡県出身のプロマジシャンKISSERが、OFFBEAT英会話教室でパフォーマンスします!

最近ではテレビ出演大道芸ワールドカップの出演などで大活躍!一度見たら夢に出てきそうな見た目のインパクト、KISSERワールドをぜひ間近でご堪能ください!

日時:11月26日(日)

2部構成のショーで、1部が子供向けマジック、2部が大人向けマジックです(どちらか1つを見るのもOK,両方見るのもOKです)

   1部スタート:17:30予定

   2部スタート:18:30予定

※場合によって、2部のスタートが少し遅れるかもしれません

場所:OFFBEAT英会話教室

地図は、ホームページ内の「アクセス」をご参照ください

参加費:大人、¥1,500(ワンドリンク付)

    小学生~高校生、¥500(ワンドリンク付)

    小学生より小さいお子さんは無料です

※ドリンクをお出ししますが、お酒を飲まれる方は、バス、タクシー、徒歩などでお越しください

 

当日、隣の花屋、「flower TAKIMI」が何か食べるものを作るそうなので、こちらで晩御飯を食べがてらショーを楽しむのも、たまにはいかがですか?

 

 

お問い合わせ

Tel: 054-248-2757

 

 

KISSER プロフィール
Close Up Magician
観客の至近距離で魅せるクロースアップマジックを得意とする。
その中でもカードマジックを得意とし、独特なキャラクターで愉しい空間を演出。
パフォーマンスのみならず、マジックのワークショップなども行っている。
各種イベント、各種メディアなどで活動の場を広げている。

⚫︎Facebook
【Close Up Magician KISSER】
⚫︎Instagram
kisser_cum
⚫︎Twitter
KisserInTheDark

続きを読む →

DSCN2964

静岡市にレディースの古着屋がオープン!

 

 

 

OFFBEATの元生徒さんのMちゃんが、古着屋を始めました!

自分でアメリカへ行って、自分の目でしっかり選んで仕入れてきた古着がお店に並んでいます。

Mちゃんが高校生だったころ、英会話レッスンの中で「服が好き」という話を僕はよく聞いていました。

短大へ進学し、子供と接する仕事を考えていたころ、「やっぱり服が好き」という話をしていました。

それから短大を卒業したMちゃんは、バイトを掛け持ちしながら貯金を始め、アメリカ旅行を経験し、仕入れを経験し、ファッションの勉強を続け、3年後の今年4月に自分の古着屋、「Kalanchoe(カランコエ)」をオープンしました。

DSCN2961

DSCN2960

DSCN2957

洋服が単純に好きな女子、チェックよろしくお願いします!

 

Kalanchoe

静岡市葵区両替町1-3-9わかさビル1F(ハグコーヒー1号店の隣)

地図

続きを読む →

DSCN2953

静岡第一テレビの「まるごと」という番組で、”久保・せいじのちょっといい?”というコーナーで、OFFBEAT英会話教室がちょっとだけ紹介されます。

日時:4月7日(金)夕方4:53~

続きを読む →

DSCN0736

「出川イングリッシュ」のどこがスゴイのか?

 

 

 

 

昨年末、生徒さんから「先生、『出川イングリッシュ』みたことありますか?すごく面白いから見てください」と言われて、インターネットで探して見てみました。

「世界の果てまでイッテQ!」というテレビ番組の企画の一つ(タイトルは、「はじめてのおつかい」)で、コメディアンの出川哲郎さんがアメリカイギリスへ行って、与えられたミッションをクリアするもので、出川さんのキャラもあって、とても面白かったです。

ただ、僕はコミュニケーションを教える仕事をしているので、どうしてもそんな目線で見てしまい、そうみると、出川さんのコミュニケーション能力の高さ(特に方略的能力)に驚きます。

方略的能力は、簡単に言うと、言語で伝えきれない部分を何かで補う工夫の力のこと。

「宇宙食」が英語でわからなくて、地元の人に粘り強く聞いてまわるのですが、宇宙食で埒があかないと思ったら、映画「E.T.」の話をして、まず「宇宙人」、「宇宙」という単語を相手から引き出そうとするところなどは、すごい発想力だなと感じました。

英語力が低くても、コミュニケーションを楽しめる人がいる、それは誰?どうやって?

出川イングリッシュを見ると、いろいろ参考になるはずです。

 

 

続きを読む →

DSCN0369

同じ英語力で話せる話せない

先週の水曜日、出張レッスンハワイ食堂レアレアで、話を広げる訓練をしました。

ペアになり、一人が僕から与えられたトピックについてパートナーに色々と質問します。「話を広げる練習」なので、なるべく話題を変えないのがルールです。

Kさんはまだ英会話を始めたばかりで、この訓練はかなり苦戦しているのが明らかでした。

レッスンが終わってから、Kさんにこの訓練のどのようなところが難しかったのか聞いてみたら、「自分の持っている英語力で聞ける文が作れなくて、相手にほとんど何も質問できなかった」と話してくれました。

つまり、自分が作れる質問文が少なすぎて、話題を自ら狭めてしまっていたということです。

一方、Iさんは話すときには文法のことは一切考えることをせずに、思いついた単語を並べて、相手から聞き出したいことをほぼ全部聞けています

KさんとIさんの英語力の差は大きくはありませんが、差があるのは、メンタルの部分です。

心にある「文で言わねば」という先入観を取り除ければ、同じ英語力でも会話そのものをより楽しめるのです。

Kさんもそのメンタルを持てるように、毎回のレッスンで励ましていこうと考えています。

続きを読む →