DSCN0736

「出川イングリッシュ」のどこがスゴイのか?

 

 

 

 

昨年末、生徒さんから「先生、『出川イングリッシュ』みたことありますか?すごく面白いから見てください」と言われて、インターネットで探して見てみました。

「世界の果てまでイッテQ!」というテレビ番組の企画の一つ(タイトルは、「はじめてのおつかい」)で、コメディアンの出川哲郎さんがアメリカイギリスへ行って、与えられたミッションをクリアするもので、出川さんのキャラもあって、とても面白かったです。

ただ、僕はコミュニケーションを教える仕事をしているので、どうしてもそんな目線で見てしまい、そうみると、出川さんのコミュニケーション能力の高さ(特に方略的能力)に驚きます。

方略的能力は、簡単に言うと、言語で伝えきれない部分を何かで補う工夫の力のこと。

「宇宙食」が英語でわからなくて、地元の人に粘り強く聞いてまわるのですが、宇宙食で埒があかないと思ったら、映画「E.T.」の話をして、まず「宇宙人」、「宇宙」という単語を相手から引き出そうとするところなどは、すごい発想力だなと感じました。

英語力が低くても、コミュニケーションを楽しめる人がいる、それは誰?どうやって?

出川イングリッシュを見ると、いろいろ参考になるはずです。

 

 

続きを読む →

DSCN0369

同じ英語力で話せる話せない

先週の水曜日、出張レッスンハワイ食堂レアレアで、話を広げる訓練をしました。

ペアになり、一人が僕から与えられたトピックについてパートナーに色々と質問します。「話を広げる練習」なので、なるべく話題を変えないのがルールです。

Kさんはまだ英会話を始めたばかりで、この訓練はかなり苦戦しているのが明らかでした。

レッスンが終わってから、Kさんにこの訓練のどのようなところが難しかったのか聞いてみたら、「自分の持っている英語力で聞ける文が作れなくて、相手にほとんど何も質問できなかった」と話してくれました。

つまり、自分が作れる質問文が少なすぎて、話題を自ら狭めてしまっていたということです。

一方、Iさんは話すときには文法のことは一切考えることをせずに、思いついた単語を並べて、相手から聞き出したいことをほぼ全部聞けています

KさんとIさんの英語力の差は大きくはありませんが、差があるのは、メンタルの部分です。

心にある「文で言わねば」という先入観を取り除ければ、同じ英語力でも会話そのものをより楽しめるのです。

Kさんもそのメンタルを持てるように、毎回のレッスンで励ましていこうと考えています。

続きを読む →

OFFBEATの隣に花屋ができました!

DSCN2781

僕の義弟が当教室の隣に引っ越してきて、花屋を移転オープンさせました。

DSCN2768

ちょっと変わった植物が好きな方、ちょっとしたプレゼントや、結婚式、入学式、卒業式、イベントごとでお花の準備が必要になった方、チェックお願いします。

お店の名前は、「flower TAKUMI」です。

続きを読む →

HPNX0142

ゴールデンウィーク中のお休みについて

4月29日(金)レッスンあり

4月30日(土)レッスンあり

5月1日(日)お休み

5月2日(月)レッスンあり

5月3日(火)レッスンあり

5月4日(水)レッスンあり

5月5日(木)レッスンあり

 

※レッスンのある日は、グループレッスン、無料体験レッスン、共に受け付けています

続きを読む →

DSCN0257

「日本人に自分の英語を聞かれたくない」

先日の出張レッスンで、Kさんがこのようなことを言われていました。

「日本人の中にいると、何故だか恥ずかしくて英語を話しにくい。」

これは、英会話を学んでいる多くの日本人が経験することです。

僕が思うのは、学校での英語教育は「正しい英語の使い方」を主に教えるので、英会話をするときには「この言い方で正しいのか」と悩む事が増えて萎縮してしまいがちになりやすいのです。

Kさんのように、日本人の中にいると英語を話しづらく感じるのは、「自分の周りの日本人は、私の英語を聞いて正しいかどうかをチェックしているのではないか」とナーバスに感じるからです。

会話において、正しい言い方も間違った言い方もない」くらいの考え方で英会話に取り組めば、コミュニケーションの上達は一気に加速します。

続きを読む →