現在の自分の英語力で・・・

T君は現在、中学3年生で、静岡ジムラッツというバスケットボールのクラブチームに所属しています。

今度の日曜日の練習に、アメリカから特別コーチが来てくれて、教えてもらえるそうです。

それに関して、T君から僕に質問がありました。

「自分のポジションはポイントガードで、身長はそんなにないなかで、どうやって戦っていくべきか」というのをその特別コーチに質問したいけど、英語でどうやって言えばいいかということでした。

僕は試しに、今の自分の英語力だけで質問するとしたら何ていうかをT君に言ってもらいました。

“My position is point guard.  I am short.  What I do?”と、このように言いました。

これに対して僕はT君に、これでも少しはコーチにT君の言いたい事は通じるはずだから、今の自分の英語力で勝負するべきだと伝えました。

T君は将来、アメリカでバスケットボールをプレーすることを目標にしています。

ならば、今彼に身につけてもらいたいものは、完璧な英語力ではなく、自分の英語力で相手とコミュニケーションをどんどんとっていけるメンタリティーなんです。

これができれば、いずれ英語力は向上するでしょう。

続きを読む →

命令のエクササイズ

 

 

今年始めたエクササイズで、生徒さんと僕が交互に命令をしてその通りに体を動かすものがあります。

“Stand up.”と言われたら立つ、”Put the gun down.”と言われたら銃を置く、”Skip through the meadows.”と言われたら野原をスキップする、というような具合です。

約1年間これをやってきて、生徒さんにちょっとずつ変化が出てきた部分が、会話の中で使える動詞が増えてきたことです。

袖をまくると言いたいときに、roll upという表現が自然に出てきたりしているのは、この命令のエクササイズの効果が少し出てきた証拠だと考えています。

これらの命令の表現は、レッスンの中で使う会話やスピーチの教材などに出てくる表現から取って来たものなので、命令の練習をするだけで、同じ表現を会話などで耳にしたときに認知しやすくなる利点も発見しました。

このエクササイズは、今後もさらに増やしていき、「知っている」そして「使える」表現として身につけてもらえるようにしていきたいです。

続きを読む →

できるようになってから理解する

僕は娘の算数を教える時、ドリルの答えをそのまま写すように言う時があります。

娘は、「先生が答えを見て書いちゃダメだって」と言いますが、とりあえず写させます。

理由は、まだ頭の中にやり方が定着していない問題は、どれだけ考えても答えは出せないからです。

昨日は、25×36を工夫して計算する問題をやっていました。

今までであれば、ひっ算をして答えをだすやり方をしていましたが、最近学校でやっている「工夫」とは、、

25×36=25×4×9=100×9=900

の様に計算する方法のことです。

娘はなぜ36をわざわざ4×9にしなければいけないのかがわからなかったので、ずっと考えたままその問題で止まっていました。

実際は、ほぼ思考停止の状態だったはずです。

似たような問題の答えを見ていくうちに、25×4=100になることがわかり、先ほどの謎が解けたわけです。

理解することとできることは別です。

先にできるようになってから理解したほうが、しっくりくるものは沢山あります。

英文法もその一つ。

軽く説明してすぐに問題を解かせるより、正解例を沢山与えていくうちに、「あっ、そういうことか」と自分で気づかせるやり方のほうが、効率的だと僕は思います。

続きを読む →

息子がulcerという単語を言っていた

僕の4歳の息子は、教室に置いてある映画のDVDをよく借りて2階で楽しく観ています。

しかも、同じ映画を何度も観ます。

先日、息子がCannonball Run 2 という映画を観ているところを観察してみました。

アラブの王族の息子が前回のレースに負けた言い訳を父にしているシーンで、”My ulcer…”(僕の潰瘍が、、、)というセリフがあります。

僕の息子はこのシーンが好きらしく、「”My ulcer~~”はっはっは~」と笑っていました

ulcerの意味も潰瘍の意味もわからないけど、とりあえず発音はできているのです。

更に観察していると、ところどころセリフをシャドーイングしていることに気が付きました。

日本語のテレビ番組の再放送を観ていても、絵本を読み聞かせをしていても、息子は自分の好きな場面は声に出すのです。

もしかすると、どの子供も、この「シャドーイング」を大人が気付かないところで沢山こなしているのかもしれません。

声に出さなくても、頭の中でこれを繰り返せば、自然に言語が身についてきます

効果的に第二言語を身につける方法の一つ、「シャドーイング」はおすすめです。

続きを読む →

何をインプットするか

 

 

言語の習得において、インプットは言うまでもなく重要なことは間違いありません。

更に重要なのは、何をインプットしていくかです。

翻訳家になることが目的の人にとっては、映画を字幕で沢山見るなどして研究する方法は効果的でしょう。

コミュニケーションを取れるようになりたい人にとっては、ネイティブスピーカー同士が会話をしている動画(例えばトークショー)を沢山見る方法が良さそうです。

OFFBEATの生徒さんのほとんどは、旅行や仕事でコミュニケーションを取ることが目的なので、普通に会話をしている動画を見てインプットするようにアドバイスしています。

会話で使われる文は、文法的にはちょっとおかしいものも沢山含まれています。

でも、それが逆に自然な会話でもあるのです。

会話でロボットが話すような話し方にならないためには、実際の会話を通してインプットするのがベストだと僕は考えています。

続きを読む →