勇気は経験を与え、経験は知識を与える

 

 

 

先日当教室で行われた写真展は、とても好評でした。

展示を実際に見た生徒さんから、「この写真を撮った本人(伏見さん)に会ってみたい」という声を多くいただきました。

伏見君がまだ僕の生徒だったころ、僕が約2年間で彼に与えることができたものは、少しの英語と、外国人と会話をする勇気のみ。

そこから彼本人がワーキングホリデーなどで多くの経験をして、沢山のものを得てきたのだと思います。

展示してあったメッセージボードの中にmaintenance porterという言葉が書いてあり、仕事の種類のことだとは推測できたのですが、具体的にどんな仕事なのかわからなかったので、伏見君に聞きました。

「カナダでその仕事してきたんですけど、掃除屋さんみたいなもんです。」と教えてくれました。

僕が伏見君から英語のことで教えてもらえるようになるなんて、想像もできませんでしたが、とても嬉しい出来事でした。

続きを読む →

昨日の写真展について

 

 

 

伏見君の写真展に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

お客様の反応はとても良く、伏見君本人も刺激になった1日だと言っていました。

 

そんなわけで、より多く生徒さんにこの写真とメッセージボードを見ていただきたく、今週1週間、24日(土)まで、展示したままレッスンをやることになりました。

このメッセージボードに書いてあることなどを中心に教材として、今週のレッスンをやります。

そして、最終日の24日(土)は、20時からアフターパーティーということで、伏見君にも来てもらい、彼を囲んでゆっくりと雑談する機会を作ることにしました。

生徒さんも、そうでない方も、写真、ニューヨーク、アメリカ、病気、教育、路上生活などなどについて興味がある方、ご参加くださいませ。色々と話しましょう!

 

 

「33人に物乞いメッセージ、アフターパーティー」

日時:2月24日(土)20時スタート

場所:OFFBEAT英会話教室

持ち物:持ち寄りパーティーにしますので、飲みたいもの、食べたいものをご持参ください

続きを読む →

和文英訳は簡単ではない

 

 

先週、Tさんのレッスンで、漫画「スラムダンク」のキャラクターのセリフを英語にするというエクササイズをしました。

例えば、「一瞬息が止まったぞ どうしてくれる」や、「あの晴子ちゃんと一緒に登下校できたら うおおーっ そしたらもう死んでもいいぜ!!!」などの文を英語にしてもらいました。

普段は状況の中でロールプレイをするエクササイズをある程度スムーズにこなすTさんが、和文英訳にとても苦戦していました。

ロールプレイではセリフが決まっているわけではなく、例えばホテルの状況だとしたら、「鍵を部屋の中に置いたまま外へ出てしまい、部屋に入れなくなったことをフロントで伝える」というような感じです。

その中で生徒さんが自分が伝えたいことを自分の持っている知識やジェスチャーなどを使って表現します。

Tさんが困ったのは、この日本語を英訳してくださいと言われたときに、「もう死んでもいいぜー」をどうするかという部分だったのです。

これはTさんにさらなる英語のインプットが大量に必要でしょう。そして、矛盾するようですが、暗記するのではなく、忘れることです。

 

続きを読む →

会話そのものを楽しむクセをつける

 

 

 

Oさんがレッスンの後、こんな質問を僕にしました。「ちゃんとした文法じゃないと外国人に通じないか?」
僕の答えはもちろん、「そんなことはない」です。
むしろ、コミュニケーション重要になってくるのは、1度通じなかったときに、すぐには諦めないメンタリティーです。
自分の英語に自信を持てない人は、声が小さくなりがちです。
そうすると、話し相手が、よく聞こえなかったから、「えっ、何?」というリアクションを取るのは自然です。
そんな時、「やっぱり発音が悪いから、文で話せていないから、自分の英語は通用しないんだ」とネガティブに捉えて、会話を終了してしまうという結果になることもあるでしょう。
それはとてももったいないことです。
僕が生徒さんに教えることは正しい言い方などではなく、会話で集中するべき部分は英語ではなく、話の内容そのもの。

そのために、レッスンの中で、ジェスチャーだけでものを説明する練習や、連想ゲームを沢山しているのです。
せっかく相手と音楽の話で盛り上がっているならば、文法など気にせず、お互いに好きなアーティストや自分が練習している楽器の話で楽しめればいいんです。

英語力は、会話をした量に比例して、ご褒美として後からついてくるものです。

続きを読む →

21763903_1945339325686842_1396675904_n[1]

21754403_1945339329020175_1718057869_n[1]

今日は午前中に特別レッスンを行いました。レッスンというか、リハーサルです。

生徒さんのテクラさんが来週からフランスへ行き、ご自身のお店の商品展示、販売、そして、料理のプレゼンテーションをしてきます。

料理のプレゼンテーションを担当されるのは、戸練ミナさんです。「重ね煮」という調理法を紹介されます。

本番が近いということで、実際にOFFBEATに当日の道具を色々とお持ちいただいて、英語でプレゼンのリハーサルを行いました。

全員、これが初めて、英語を人前で話す機会になります。

それぞれお仕事が忙しくて、練習に時間を割くことがほとんどできなかった分、片言英語とジェスチャーでなるべく聞いてくれている皆さんに理解してもらえるようにする工夫の部分を、沢山導入しました。

紙芝居はとても良いアイデアだとおもいます。

宮入さん、戸練さん、土産話を楽しみにしています!

続きを読む →