和文英訳は簡単ではない

 

 

先週、Tさんのレッスンで、漫画「スラムダンク」のキャラクターのセリフを英語にするというエクササイズをしました。

例えば、「一瞬息が止まったぞ どうしてくれる」や、「あの晴子ちゃんと一緒に登下校できたら うおおーっ そしたらもう死んでもいいぜ!!!」などの文を英語にしてもらいました。

普段は状況の中でロールプレイをするエクササイズをある程度スムーズにこなすTさんが、和文英訳にとても苦戦していました。

ロールプレイではセリフが決まっているわけではなく、例えばホテルの状況だとしたら、「鍵を部屋の中に置いたまま外へ出てしまい、部屋に入れなくなったことをフロントで伝える」というような感じです。

その中で生徒さんが自分が伝えたいことを自分の持っている知識やジェスチャーなどを使って表現します。

Tさんが困ったのは、この日本語を英訳してくださいと言われたときに、「もう死んでもいいぜー」をどうするかという部分だったのです。

これはTさんにさらなる英語のインプットが大量に必要でしょう。そして、矛盾するようですが、暗記するのではなく、忘れることです。

 

続きを読む →

会話そのものを楽しむクセをつける

 

 

 

Oさんがレッスンの後、こんな質問を僕にしました。「ちゃんとした文法じゃないと外国人に通じないか?」
僕の答えはもちろん、「そんなことはない」です。
むしろ、コミュニケーション重要になってくるのは、1度通じなかったときに、すぐには諦めないメンタリティーです。
自分の英語に自信を持てない人は、声が小さくなりがちです。
そうすると、話し相手が、よく聞こえなかったから、「えっ、何?」というリアクションを取るのは自然です。
そんな時、「やっぱり発音が悪いから、文で話せていないから、自分の英語は通用しないんだ」とネガティブに捉えて、会話を終了してしまうという結果になることもあるでしょう。
それはとてももったいないことです。
僕が生徒さんに教えることは正しい言い方などではなく、会話で集中するべき部分は英語ではなく、話の内容そのもの。

そのために、レッスンの中で、ジェスチャーだけでものを説明する練習や、連想ゲームを沢山しているのです。
せっかく相手と音楽の話で盛り上がっているならば、文法など気にせず、お互いに好きなアーティストや自分が練習している楽器の話で楽しめればいいんです。

英語力は、会話をした量に比例して、ご褒美として後からついてくるものです。

続きを読む →

21763903_1945339325686842_1396675904_n[1]

21754403_1945339329020175_1718057869_n[1]

今日は午前中に特別レッスンを行いました。レッスンというか、リハーサルです。

生徒さんのテクラさんが来週からフランスへ行き、ご自身のお店の商品展示、販売、そして、料理のプレゼンテーションをしてきます。

料理のプレゼンテーションを担当されるのは、戸練ミナさんです。「重ね煮」という調理法を紹介されます。

本番が近いということで、実際にOFFBEATに当日の道具を色々とお持ちいただいて、英語でプレゼンのリハーサルを行いました。

全員、これが初めて、英語を人前で話す機会になります。

それぞれお仕事が忙しくて、練習に時間を割くことがほとんどできなかった分、片言英語とジェスチャーでなるべく聞いてくれている皆さんに理解してもらえるようにする工夫の部分を、沢山導入しました。

紙芝居はとても良いアイデアだとおもいます。

宮入さん、戸練さん、土産話を楽しみにしています!

続きを読む →

DSCN0257

文で話せるようになるのは後からでいい

 

 

Yちゃんは小学5年生で、OFFBEATのレッスンを始めてからまだ半年も経っていません。

数字や単語を少し覚えてきた感じで、文で話せるようになるには、まだまだ時間がかかります。

それでも、ロールプレイの練習では、語彙力が足りていない部分を、工夫と気合いで何とかしようと努力します。

洋服屋さんで会計はどこでするのかを店員に質問する状況では、「ピッピッピッピー(バーコードを打つジェスチャー)wa doko desuka?」、レストランでウェイターに自分のステーキをもうちょっと焼いてほしいとお願いする状況では、「ジュウジュウ(肉を焼くジェスチャー)OK?」などと表現しています。

実践になれば、これでもある程度は通じると僕は思うし、もし通じなければ、理解しようとする努力が足りない相手のせいにすればいい。

小学生にまず身に着けてもらいたいのは、最短時間でコミュニケーションが取れるにはどうすればいいのかを考える習慣です。

「この状況のときに何て言うかは、まだ先生に習ってません」と言うようでは、いつまでたっても実りのある会話はできないままです。

Yちゃんの英語力が身につく頃、英会話はある程度軽くこなせるようになっていると僕は信じています。

続きを読む →

DSCN0009

体がレッスンの方を向いた

 

 

 

 

CさんがOFFBEAT英会話教室に入会して、3回のレッスンを終えました。

1回目と2回目のレッスンの時は、Cさんはかなり緊張していたようで、レッスンの最中ずっと体が90度右を向いて、頭だけこちらを向いている状態でやっていました。

ボディーランゲージのスペシャリストが書いた本を読んだときに、会話の相手が会話の最中に体を横にそらすのは、早く話を終えたいサインだと書いてあったのを思い出しました。

Cさんがその時、どのような心境だったのかは聞かないようにしましたが、明らかに緊張しすぎてレッスンにまだ入れていないことだけは感じ取ることができました。

3回目のレッスンの時、Cさんは体全体を僕に向けて1時間レッスンを受けることができていました

1回目の時と同じように、知っているはずの単語がすぐに出て来なかったり、頭の中で時間をかけて文を作ってから話そうとしてしまう部分はまだまだありますが、ちょっとだけレッスンの雰囲気に慣れ始めて集中できるようになってきたのかもしれません。

 

続きを読む →