DSCN0600

短期間で劇的な上達はできるのか

 

 

先週の土曜日、静岡東高校マンドリン部の定期演奏会を見に行ってきました。

部員はほぼ全員、高校に入ってから楽器を始めた子ばかりらしく、まだ1年2年ほどしか経験がありません。

ですが、実際に演奏を見たら、とても素晴らしくて驚きました。

演奏の技術もそうですし、表現もすごく上手でした。

彼らは楽器を扱う経験は、まだ年数としては浅いですが、毎日の練習や週末や長期休みの練習で、かなり集中してやっているのでしょう。

大人になってから楽器を始める方も多くいますが、このマンドリン部の子たちのように短期間で劇的に上手くなった人は、ほとんど見ません。

おそらく大人になっても、短期間で集中して練習すれば、上達はするのでしょう。

カギは、それに対してどれだけ夢中になれるかだと思います。

楽器だけでなく、英会話も同じかもしれません。

続きを読む →

DSCN0058

言葉で「しつける」難しさを感じた

僕の娘は今年から小学生にもなる歳なので、今まで色々と社会の一員として生きるための「しつけ」をある程度はしてきたつもりではあります。

その中に「忍耐力をつける」ということも大切だろうと思い、娘がお菓子を必要以上に欲しがったときや転んで泣きそうになったとき、僕は娘に「『グッ』と、こらえるんだよ」と言ってきました。

だいぶそれが身についてきました

ある時、娘がトイレに行きたそうにしていたので、僕は「すぐにトイレに行く」という返答を期待して、娘に「トイレに行きたくなったらどうするの?」と聞きました。

娘は「『グッ』と、こらえる」と答えました。

僕は、「トイレはこらえなくていいから、すぐに行っておいで」と言って、トイレに行かせました。

子供はまだまだ全てを自分で判断することが難しいので、言葉だけで上手くしつけることは難しいのだなと感じました。

続きを読む →

今日の朝食の時間中、妻が娘に「今日の髪型はどうする?」と質問して、それに対して娘が、「ミッキーの頭みたいにしたい」と妻にリクエストしていました

妻は「オッケー」と言いました

それを聞いていた僕は、「ミッキーに髪の毛あったっけ?」と真面目に聞いてしまいました

娘が言っていたのは、ミッキーマウスの耳みたいに、髪の毛でお団子を二つ作りたいということだったそうです

言葉を介して、お互いの頭の中の絵を共有できた妻と娘・・・

そして、一人だけ頭の中で髪の毛が生えた状態のミッキーマウスを、一生懸命に想像しようとしていた、言語を教えることを生業としている僕・・・

まあ、この有様です

OFFBEAT英会話教室のホームページ

続きを読む →

先週の金曜日は、1年ぶりくらいに静岡県から外へ出てきました

エリック・クラプトンのコンサートを見るために、日本武道館へ行ってきました

言葉で表現すると安っぽく聞こえてしまいそうなので、コンサートについては書かないでおきます!(一言だけ書くなら、「最高!」です)

普段住んでいるところから離れてキョロキョロと辺りを見ながら歩いていると、結構気が付くことが沢山あるものだなと感じました

 日本武道館はお堀に囲まれていて、昔は江戸城があった場所だということ
 
 武道館のほぼ真正面あたりに靖国神社があるということ

 武道館の最寄りの駅は「九段下」ということ

 新宿から結構近いということ

などなど、勉強になりました

インターネットで調べればこれらの情報はゲットできてしまいますが、日本武道館へ行く機会がなければ、あえて知ろうとすることもなかったことだと思います

そういう意味では、実際にその場に行って経験するということの意味を感じることができました

続きを読む →

Tさんは年末年始の休みを利用して、バングラデシュへ旅行されました

昨日のレッスンでは、そこで撮ってきた写真を僕に見せながら、色々と経験してきたことを話してくれました

政治の話、宗教の話、差別の話などをしてくれましたが、日本では考えられないようなことがバングラデシュでは日常的に起こっているのを知って、僕もカルチャーショックを受けました

街の中がちょっと危険な状態だったため、救急車に乗せられて安全な所へ移動したそうです

サイレンを鳴らしながら走ったので、スムーズに移動できたと話してくれました

緊急車両の使い方が、日本と比べてずいぶん柔軟ですね(笑)

世界遺産になっている建物やジャングルを見てこられたそうですが、Tさんから見たバングラデシュは、物や自然を見るところというよりは、人や文化を見るところという印象が強かったみたいです

続きを読む →