DSCN1044

グッドラック、Kさん

 

 

Kさんは自分の更なる挑戦のために、先日、英検準1級を無事に取得して、その報告をしてくれました。

今日はKさんの最後のレッスンになりました。今週、突然転勤が決まり、4月上旬に静岡を去ります。

僕はレッスンの時にKさんに「僕はレッスンで一切英語を教えることはしていないけど、何かレッスンで学んだことがあるとしたら何ですか?」と質問しました。

答えは、「コミュニケーション大事なことは文法的に正しい文で言うことではなく、伝えようとするモチベーションを前に出すこと」でした。

多くの生徒さんに僕は、「あなたの話し相手が知りたいのは、正しい文で言えているかどうかではありません。あなたが何を伝えようとしているのかを知りたがっているんです。」と言葉で伝えています。

Kさんは僕が言わずとも、レッスンの中でそれを自ら感じ取り、約1年半それを実践してきました。

僕は、Kさんが新しい場所で更にコミュニケーションに磨きをかけ、夢に向かって前進する姿を遠くから見守り続けられたらと思っています。

続きを読む →

DSCN0922

なぜOFFBEATの生徒さんはガンガン話せる?

 

 

 

 

レッスンのエクササイズで、日本語の言葉(暗黙の了解、弱肉強食)などを英語で説明するものがあります。

説明する言葉が抽象的なものばかりなので、生徒さんはこれを表現するのにとても苦労しています。

この訓練をやっていくうちに、どう説明すれば相手にわかってもらいやすいのかというのを、生徒さんは理解しはじめます

ほとんどの生徒さんは、どのような状況のときに使うのか、例を挙げて聞いている相手の頭の中で上手く想像してもらう、などの工夫ができるようになってきました

Tさんが、「先生、これ、英語の前に日本語ができてないとダメですね」と言っていました。

その通りだと思いますし、更に言うと、頭の中でその言葉を絵にする力が必要です。

OFFBEATの生徒さんが片言でもガンガン英語で話せるのは、このような難しく感じる練習を初級レベルから沢山やっているからだと思います。

続きを読む →

DSCN0736

「出川イングリッシュ」のどこがスゴイのか?

 

 

 

 

昨年末、生徒さんから「先生、『出川イングリッシュ』みたことありますか?すごく面白いから見てください」と言われて、インターネットで探して見てみました。

「世界の果てまでイッテQ!」というテレビ番組の企画の一つ(タイトルは、「はじめてのおつかい」)で、コメディアンの出川哲郎さんがアメリカイギリスへ行って、与えられたミッションをクリアするもので、出川さんのキャラもあって、とても面白かったです。

ただ、僕はコミュニケーションを教える仕事をしているので、どうしてもそんな目線で見てしまい、そうみると、出川さんのコミュニケーション能力の高さ(特に方略的能力)に驚きます。

方略的能力は、簡単に言うと、言語で伝えきれない部分を何かで補う工夫の力のこと。

「宇宙食」が英語でわからなくて、地元の人に粘り強く聞いてまわるのですが、宇宙食で埒があかないと思ったら、映画「E.T.」の話をして、まず「宇宙人」、「宇宙」という単語を相手から引き出そうとするところなどは、すごい発想力だなと感じました。

英語力が低くても、コミュニケーションを楽しめる人がいる、それは誰?どうやって?

出川イングリッシュを見ると、いろいろ参考になるはずです。

 

 

続きを読む →

DSCN0600

日本人は英語を勉強して何をしたいんだ?

高校2年のTちゃんが台湾へ修学旅行に行って帰ってきました。

色々と話を聞かせてもらいましたが、地元の学生との交流の機会などがあり、とても充実した旅行だったみたいです。

台湾にも若者が買い物を楽しむ、日本の原宿のような場所があるらしく、Tちゃんはそこへも行ったそうです。

そこでTちゃんが気が付いたことは、お客さんが日本人だと知ると、日本語だったり英語だったりで話しかけてくるということ、そして、それは日本では見られない光景だったこと。

確かに、日本人が自分の店に外国人のお客さんが来た時に、積極的に英語または他の言語で話しかける場面はほとんど見かけません。

台湾人の店員さんの全員が日本語や英語がペラペラだったわけではないそうですが、Tちゃんが感じたことは、自分たち日本人も高校まで英語を沢山勉強してきているのに、何で実践で使えないのかということだったそうです。

日本から外に出て、初めて日本を客観的に見ることができたので、考えさせらることが多かった修学旅行だとTちゃんは話してくれました。

続きを読む →

DSCN0369

同じ英語力で話せる話せない

先週の水曜日、出張レッスンハワイ食堂レアレアで、話を広げる訓練をしました。

ペアになり、一人が僕から与えられたトピックについてパートナーに色々と質問します。「話を広げる練習」なので、なるべく話題を変えないのがルールです。

Kさんはまだ英会話を始めたばかりで、この訓練はかなり苦戦しているのが明らかでした。

レッスンが終わってから、Kさんにこの訓練のどのようなところが難しかったのか聞いてみたら、「自分の持っている英語力で聞ける文が作れなくて、相手にほとんど何も質問できなかった」と話してくれました。

つまり、自分が作れる質問文が少なすぎて、話題を自ら狭めてしまっていたということです。

一方、Iさんは話すときには文法のことは一切考えることをせずに、思いついた単語を並べて、相手から聞き出したいことをほぼ全部聞けています

KさんとIさんの英語力の差は大きくはありませんが、差があるのは、メンタルの部分です。

心にある「文で言わねば」という先入観を取り除ければ、同じ英語力でも会話そのものをより楽しめるのです。

Kさんもそのメンタルを持てるように、毎回のレッスンで励ましていこうと考えています。

続きを読む →